つっても、大きな蜥蜴と蛾と三頭黄金龍が戦うわけじゃなく


by 911MEGA
だいぶ前に友人から預かっていたビデオを、画質劣化のこともあるので、HDに落としてDVDに焼く作業をしておりました。食事しながらですが。

イシダエンジニアリングが国内で販売したRUFのビデオ2本。で、後編であのステファン・ローザ氏がイエローバードでニュルを走るんですけど、そのドライビングたるや「格闘」しているといった表現がぴったりで、見入ってしまいました。

前にも見ているはずなんですが、やっぱりこういったビデオは見入ってしまいます。ついでにRZのビデオも貸していただいたので、見てますけど。わずか2分。(^^;)

で、黄色いスポーツカーへの憧れは、やっぱりRUFのイエローバードから僕の場合は来ています。90年前半、とにかく黄色い車がお気に入りでした。といっても国産ではほとんどなかった時代ですけど。
ポルシェを買うときも黄色を探しました。ポルシェを物色している当時は、まだスピードイエローという色の設定もなく、パステルイエローやらサマーイエローやら、あくの強い黄色にオレンジを数滴垂らしたような、あのスピードイエローはなく・・・。

もちろん、ディーラーさんが言うには「新車注文で、お金を払えば好きな色にお塗りいたします」って言うことだったんですが・・・。
数日後に、練馬のミツワ営業所で「タルボット・イエロー」という色のターボが展示されるというので、見に行きました。後にも先にもこの「タルボットイエロー」のポルシェを見たのはこのときだけです。かなりオレンジによった黄色でした。しかもそこに少しホワイトを混ぜたような・・・。
昔のフルーツヨーグルト・・・っていってもわかるかしら?

あまりのすごい色にちょっと引きました。でも今の僕なら多分買っていたかも。思い返せば実に個性的な色でしたから。でもそこにあるって言うことは、92年の在庫ってことだったんですけど。

で、結局、サマーイエローのカレ2を購入したのでした。まあ、コレも92年の在庫ですけど。

f0144910_542941.jpg


で、半年後にスピードスターが発表され、そこにはRUFイエローに近い「スピードイエロー」という色が設定されておりました。そしてさらにその半年後、993が発表。カタログにはちゃんとスピードイエローが載っていたのです。ダブルショック。でも、サマーイエローのカレ2はお気に入りで、5年ほど手元においてありました。

当時から色にこだわっていた、変わり者だったんですね。(^^;)でもポルシェは色のネーミングもセンスありましたね。
[PR]
# by 911MEGA | 2008-02-12 05:08 | cars
遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。今年もあんまり更新しないと思うんですが、よろしくお願いいたします。何せ、本業のほうのブログのほうが忙しくなりそうなので・・・。(^^;)

あー!気がつけば、「昭和の鉄道模型を作る」が20号まで溜まってる!早く作っていかないと!!
[PR]
# by 911MEGA | 2008-01-08 00:31 | etc
f0144910_1935568.jpg
2007年も終わろうとしておりますが、今年も無事に生きて年を越せるかもしれないという、大げさな、でも真摯にそんなことを考えております。

いろいろなことがあって、いろいろな人に囲まれて、時には一人、時には大勢で走って、話をして、生きていく。

生きているということをことさら重く感じるようになってきたのは、決して年のせいだけではないと思います。

来年もまたよろしくお願いいたします。(^^)
[PR]
# by 911MEGA | 2007-12-30 19:04 | cars

MEGA MAC

前にメガマックを食べ損なっていたんですが、今回やっと食べることができました。下のエントリーの記事にまったく反していますが・・・。(^^;)
f0144910_2228231.jpg


食べたのはトマト・メガ・マック。単品で買って、自販機で0カロリーコーラを買って。なんか「焼け石に水かも」しれませんが、通常のセット(ドリンクM&フライドポテトM)を買うと「火に油をそそぐ」状態になってしまうので。

やっぱり、3軒隣がマクドナルドって、いいのか悪いのか・・・。(^^;)
[PR]
# by 911MEGA | 2007-12-18 22:29 | junk
気がつけば恐ろしいことが迫ってきている?

以下は「天木直人のブログより」

「 2008年度からスタートする「特定健康診査・特定保険指導」について、果たして何人の国民が知っているか。「メタボ退治」と称してウエスト、血圧、中性脂肪値、空腹時血糖値などの基準を定め、適正値を達成できない人には「自己責任」として最大10%の医療費アップを官僚はまじめに検討中であるという。指導の理由は「メタボだと早死にするから」だという。冗談じゃない。早死にしようが遅死にしようがこっちの勝手だ。死ぬ時期まで国に「指導」されてたまるか。」

いの一番に、やってほしいのは太った国会議員だろう。自分達を差し置いて国民にだけ迫るって言うのはいただけない。

「きっこの日記」では

「だから、このトンデモ案が採択されたら、普通の体型の人の医療費は3割負担のままだけど、ちゃんと国民健康保険料を支払ってても、デブはその度合いによって、最大10%も多く支払わなくちゃならなくなる。あたしは、どっちかって言ったら痩せすぎなほうだから、こんなの関係ないけど、こんなデタラメなことがマカリ通っちゃったら、これから先、何でもアリになってっちゃう。だって、太ってるってことを「病気の原因」とするのはいいけど、「だから自己責任」で「医療補助をカット」ってことが通るんなら、ほとんどの病気やケガはコレとおんなじ理屈になっちゃうからだ。

たとえば、当然、「タバコを吸ってて肺ガンになったんだから自己責任」てことになるだろう。ま、それはいいとしても、もっとひどくなれば、受動喫煙で肺ガンになった人まで、「周りにタバコを吸う人がいるような場所にいたのも自己責任」てことになっちゃう。」

まあ、今までとんでもない法案をごり押ししてきた政府なので、一般的な通念は通用しないのが永田町ということか。解散総選挙になったら、これが最後の軌道修正のチャンスかもしれない。どっちにしてもこの国って、滅びの方向に進んでいるのは火を見るよりも明らか?
[PR]
# by 911MEGA | 2007-12-17 19:03 | etc